ダイエットと体重(体脂肪率)の記録

正確な体重を測定するのに、起床後はまずトイレへ行き、その後に体重を測定します。ダイエット中は、毎朝体重を測定していました。毎日体重を記録すると、身体の傾向に気が付くようになり、体重の増減でその日の身体の体調がわかるようになりました。

理想の体重と体脂肪率

体重が同じ場合でも、筋肉量の多い場合と筋肉量の少ない場合は体脂肪率に違いがあります。

体重は、今後の傾向の目安になりますが、わたしの場合もダイエット中は、体脂肪率とサイズ(ウエストのサイズなど)で、ダイエットの判断をしていました。

筋トレ(バストアップに欠かせない大胸筋を鍛えるなど)などで、筋肉が大きくなる場合でも、体重は増えますし、ジョギングなどの運動後は、以外にも、あっさりと体重は減ります。

また、ダイエットで身体を引き締めるにも、筋肉の力は必要ですので、体重が増えることが、逆に喜びになることもあります。

理想の体重。

体重も気になりますが、ダイエットはサイズですので、あまり気にしないことにしています。

今の体重から、肥満(脂肪)を引き算するのが、理想の体重ですので、引き締まった身体になると(ウエストが細くなる)それがベストな体重になりますね。

ダイエットと体重

1日の体重の変化についてですが、体重の変化を観察しますと、以外にも体重が増えたり減ったりしています。

参考(僭越ながらわたしの記録です)

  • 起床後:46.0kg
  • 昼食後:46.8kg
  • 夕食後:46.6kg
  • 翌日の起床後:46.1kg

まず、1日に2リットル以上の水分を身体に補給しますので、水分だけで2kgも体重が増えます。次に、毎日食べる食事の量にも関係がありますし、食べるものの質にも関係がありそうです。

また、フィットネスクラブで、トレーニングしますと、その日の運動内容にもよりますが、体重が1~2kgも減ります。

ちなみにですが、便秘になった場合は、その分をそのまま翌日に持ち越すことになりますので、もちろん体重は増えます。

不思議な話ですが、忙しい1日が過ぎて次の日になると、ほぼ昨日と同じ体重になります。

朝と就寝前の体重を記録することが必要ですので、ダイエットダイアリーを購入しました。とても良いダイアリーです。おすすめですよ。

Popular …

コメントを残す