摂取カロリーとエコモード。休眠状態とエコモード

ダイエットの基本は、身体を引き締めること。脂肪を燃焼させることだと思いますが、食事のコントロールと合わせ、ジョギングなどの運動に積極的に取り組むことで、エコモードを早く脱却出来ます。

摂取カロリーとエコモード

毎日の摂取カロリーを計算し、食事をコントロールすると、はじめは体重が減りますので喜びますが、2週間ほどで身体が適応し、ダイエットが停滞します。

摂取カロリーだけを考えて、食事のカロリー制限をすると、身体に必要な栄養が不足しますので、基礎代謝はゆっくりと下がります。

また、栄養が不足する場合は、筋肉も少し痩せますので、体重も落ちなくなります。

食事内容の見直しを計画する

この状態(エコモード)では、食事を普通に戻した時点で、すぐに脂肪が増えてしまいます。

リバウンドではありませんが、身体が栄養を必要としているサインになりますので、食事内容の見直しを計画する良い機会になります。

休眠状態とエコモード

ダイエットの停滞期には、休眠状態とエコモードがあります。同じように見えますが、休眠と呼ばれるものは、どちらかと言いますと体質(症状)であるのに対し、エコモードは、身体が今の状態に適応した状態になります。

これは、毎日食べ過ぎていても食べなくても身体はきちんと適応する。という意味になります。

停滞期と運動

実際には、運動を生活の一部としている場合には、エコモードは起きない現象でもあります。

ですので、これを機会にジョギングなどの運動を取り入れると、身体のリズムを理解できる良い体験になると思います。

ダイエット期間の短縮にも繋がりますし、身体のバランスも良くなりますね。

レインフォレストハーブ 有機JASオーガニックバージンココナッツオイル

Popular …

コメントを残す