良い睡眠(休息)と食事(栄養)

ダイエットの基本ですが、まずはじめに休息(睡眠)が必要で、そのためには必要な栄養を身体に十分に取り入れる。出来れば運動も取り入れ、あとは、食事内容の改善と休息時間の確保がダイエットの秘訣だそうです。

良い睡眠と食事

平均睡眠時間と長生きは比例するそうです。わたしの場合ですが、体調が良い日は短い時間になりますし、あまり体調が良くない日は長くなる傾向にあります。

また、食事の内容でも、睡眠時間も変化します。油ものなど、あまり消化の良くないものを食べると、睡眠時間は長くなりますし、夕食に消化の良いうどんなどを食べると、睡眠時間は短くなります。

睡眠は8時間ほどと、よく言われていますが、睡眠時間の長さでその日の体調が良く分かりますね。

睡眠(休息)と栄養

毎日体重を記録しはじめますと、思ったより体重が落ちないことに気が付きます。毎日の食事内容や睡眠時間など、考えるべき検討事項はたくさん出てきます。

わたしの場合は、毎朝体重を測定しますが、しっかり睡眠を取ると、体重もしっかりとダウンしますし、睡眠が不足すると、思うように体重が落ちません。睡眠不足が続くと、1~2日では、体調が回復しないせいなのか、まったく体重が減らなくなります。

身体には栄養と同じように、休息が必要で、睡眠時間が不足すると、身体を回復する時間が確保出来ないために、脂肪燃焼する時間が不足し、体重が減らないのだと思います。

同じように、食事をカットしたりすると、身体に必要な栄養が不足しますので、すぐに身体がエコモード(休眠状態のようなもの)に入り、脂肪燃焼が行われず体重も減りません。睡眠と栄養は、同じように大切ですね。

睡眠に困ったらこの本を読むと良いですよ。実際に医療現場なので行われているそうです。

コメントを残す