オーガニックプロテインとロープロテインのおすすめ。効果的な飲み方や飲むタイミング

どんなものでもより良いものを追及する場合は、必然としてオーガニックになりますが、身体を完全な状態に近づけようと考える場合は、オーガニックプロテインやオーガニックミールリプレイスメントなどを選択するのが良いと思います。

オーガニックプロテインとロープロテインのおすすめ

オーガニックや無添加などの選択ですが、エネルギーの回復や身体の恒常性。デトックスやアンチエイジング。

また、身体にむくみのある場合や疲れて身体がだるいなど、より優れた身体の機能を考える場合は、プロテインも同じく、より優れた個性や機能の違うプロテインを選択します。

100%ナチュラルのオーガニックプロテインとロープロテイン

素材の良さを生かすホールフーズ(ホールフード)由来で、酵素を基本にデザインされたロープロテインや、添加物などを含まない100%ナチュラルのオーガニックベジタリアンプロテイン。

その機能は製品により違いますが、植物性プロテインは必須アミノ酸をすべて含む完全タンパク質になり、より良いものを選択していることに間違いはありません。

iHerb(アイハーブ)

普通に植物性プロテインを必要とする場合は、日本のもので良いと思いますが、より高品質で高機能なプロテインを追及する場合は、日本では入手出来ませんので、iHerb.comでの購入をおすすめします。

Organic Raw Protein(オーガニック ロープロテイン)

ローというのは非加熱という意味になります。添加物などを含まない100%ナチュラルであり、高品質で高機能な植物性のオーガニックです。

よりオーガニックに近い状態のものになりますので、より自然に近い状態(完全な状態)になります。

素材とロープロテイン

素材の良さを生かすホールフーズ(ホールフード)由来のローですので、素材の持つ生命力(酵素など)を、そのまま身体に取り入れることが出来ます。

Garden of Life RAW Protein Beyond Organic Protein Formula

ビタミンコードで身体のすべてをコントロールすることで、胃と腸の機能をサポート(回復)します。

ホールフーズ(ホールフード)由来のフラックスシードやアマランサスなど14種類のロースプラウトを基本に、プロバイオティクスや生きた酵素。

オーガニックのローファイバー(食物繊維)などで、胃腸の健康を保つようにデザインされたフォーミュラになります。

また、100%ナチュラルですので、添加物などが身体を阻害せず、取り入れたものがすべて身体の機能になるようにデザインされています。

GOL-11415-6Garden of Life, RAW Protein, Beyond Organic Protein Formula(ガーデンオブライフ ロープロテイン)

アマランス・フラックスシード(亜麻仁の種)・パンプキンシード(かぼちゃの種)・サンフラワーシード(ヒマワリの種)・セサミシード(ゴマの種)・チアシード・キヌア・ミレット(キビ・アワ・ヒエ)・ソバ・あずき・ブラウンライス(玄米)・ひよこ豆・レンズ豆

Garden of Life RAW Fit High Protein for Weight Loss

ダイエット(減量)に取り組む場合などはこちらが良いと思います。ローの特徴を持ちながら、空腹感への対処や脂肪燃焼を助ける栄養素。食欲を抑制する機能などがあります。

チアシードなどの栄養素で空腹感に対処しながら、アシュワガンダで食欲などのストレスへの対処を実行し、グリーンコーヒーエキスなどの栄養素で脂肪燃焼を助けることで、ダイエットに安全に取り組めます。

ホールフーズ(ホールフード)由来のクロレラやアマランサスなどの、13種類のロースプラウトを基本に、プロバイオティクスや生きた酵素などでデザインされたフォーミュラになります。

また、100%ナチュラルですので、添加物などが身体を阻害せず、取り入れたものがすべて身体の機能になるようにデザインされています。

GOL-11672Garden of Life, RAW Fit, High Protein for Weight Loss(ガーデンオブライフ ローフィット)

フラックスシード(亜麻)ミール・フラックスシード(亜麻仁の種)・クロレラ・アマランサス・パンプキンシード(かぼちゃの種)・サンフラワーシード(ヒマワリの種)・セサミシード(ゴマの種)・チアシード・キヌア・ミレット(キビ・アワ・ヒエ)・ソバ・あずき・ブラウンライス(玄米)・ひよこ豆・レンズ豆 / オーガニックステビア・シーソルト(海塩)・グリーンコーヒー・バオバブフルーツ・アシュワガンダ・アルファルファ・シナモン・ラディッシュ

Garden of Life RAW Meal Organic Shake & Meal Replacement

45種類のオーガニックグリーンとフルーツなどや、21種類のホールフーズ(ホールフード)由来のマルチビタミンミネラル。

プロバイオティクスや生きた酵素。オーガニックのローファイバー(食物繊維)など、身体の機能を回復するのに必要な栄養を、ほぼ含むようにデザインされたフォーミュラになります。

体質の転換や身体の恒常性の回復

基本のタンパク質と糖質がわずかですので、ダイエットにも役立ちます。また、体質の転換やアレルギーなどを克服するのにも役立ちます。

また、100%ナチュラルですので、添加物などが身体を阻害せず、取り入れたものがすべて身体の機能になるようにデザインされています。

GOL-11414

Garden of Life, RAW Meal, Organic Shake & Meal Replacement(ガーデンオブライフ ローミール)

ブラウンライス(玄米)・モリンガ・アマランサス・ソバ・キビ・キヌア・チアシード・あずき・フラックスシード(亜麻仁の種)・ひよこ豆・レンズ豆・パンプキンシード(かぼちゃの種)・セサミシード(ゴマの種)・サンフラワーシード(ヒマワリの種)・フラックスミール・チアシード・ほうれん草・バオバブ・リンゴ・ビート・ブロッコリー・ニンジン・トマト・イチゴ・タルトチェリー・ブラックベリー・ピーマン・ブリュッセル・ブルーベリー・生姜・ニンニク・ネギ・ラズベリー・パセリ・カリフラワー・キャベツ・ケール・キュウリ・セロリ・アスパラガス・ スピルリナ・アルファルファ・大麦草・オーツ麦・小麦草

Organic Vegetarian Protein(オーガニック ベジタリアンプロテイン)

ベジタリアンプロテインというのは植物性のプロテインのことになります。添加物などを含まない100%ナチュラルであり、高品質で高機能なオーガニックプロテインになります。

ホエイプロテインと比べオーガニックプロテインは、植物性の機能である抗酸化作用や整腸作用など、複合的な栄養価がとても高いものですので、身体の恒常性の回復にも役立ちます。

必要な栄養

身体の恒常性の基本はオーガニックになりますので、必要なもの(それぞれの栄養素)を身体に取り込むことを考え選択します。

Jarrow Formulas Optimal Plant Proteins

エンドウ豆タンパク質・ブラウンライス(発芽玄米)タンパク質・ヘンプタンパク質がアソートされたオーガニックプロテインになります。

オーガニックグリーンのクロレラとチアシードもアソートされています。

JRW-21816

Jarrow Formulas, Optimal Plant Proteins(ジャローフォーミュラ オプティマル プラントプロテイン)

Organic Pea Protein(オーガニック ピープロテイン)

エンドウ豆(アレルゲンフリー)由来のプロテインになります。大豆や玄米。乳製品などを基本としたプロテインより低アレルギー性ですので、消化吸収にも優れてもいます。

Now Foods Pea Protein

エンドウ豆(アレルゲンフリー)由来のオーガニックピープロテインになります。高い栄養効率があり、豊富なBCAAとアルギニンなどが含まれています。

NOW-02135Now Foods, Pea Protein(ナウ ピープロテイン)

Paradise Herbs Pea Protein

エンドウ豆由来のオーガニックピープロテインになります。プロテインの吸収を植物由来の酵素でサポートするようデザインされています。

PAR-77856-2

Paradise Herbs, Pea Protein(パラダイスハーブ ピープロテイン)

Paradise Herbs ORAC-Energy Protein & Greens

エンドウ豆由来のオーガニックプロテインと、42種類以上のオーガニック(グリーン)などで、アソートされたグリーンフォーミュラになります。デトックスの向上などに機能します。

PAR-77790 Paradise Herbs, ORAC-Energy, Protein & Greens(パラダイスハーブ ORAC エナジープロテイン&グリーン)

Olympian Labs Inc Pea Protein

エンドウ豆由来のオーガニックピープロテインになります。素材そのままの素朴なピープロテインになります。

OLY-10065-12

Olympian Labs Inc., Pea Protein(オリンピアンラブ ピープロテイン)

Organic Rice Protein(オーガニック ライスプロテイン)

発芽玄米由来のオーガニックブラウンライスプロテインになります。ソイプロテイン(大豆プロテイン)などが身体に合わない場合などにおすすめ出来ます。

Sunwarrior Classic Protein Sprouted & Fermented Raw Vegan Superfood

発芽玄米由来のオーガニックブラウンライスプロテインになります。品質の良いロー(非加熱)プロテインになります。

SUW-51489

Sun Warrior, Classic Protein, Sprouted & Fermented Raw Vegan Superfood(サンウォーリア クラシックプロテイン)

Jarrow Formulas Organic Brown Rice Protein

発芽玄米由来のオーガニックブラウンライスプロテインになります。比較的口当たりの良いライスプロテインになります。

JRW-21807-7

Jarrow Formulas, Organic, Brown Rice Protein(ジャローフォーミュラ オーガニックブラウンライスプロテイン)

Now Foods Sports Sprouted Brown Rice Protein

発芽玄米由来のオーガニックブラウンライスプロテインになります。大豆アレルギーなどの場合や、ソイプロテインの味に馴染めない場合などに良いです。

NOW-02206

Now Foods, Sports, Sprouted Brown Rice Protein(ナウフーズ ブラウンライスプロテイン)

Organic Soy Protein(オーガニック ソイプロテイン)

オーガニックプロテインのソイプロテイン(大豆プロテイン)になります。大豆の成分(大豆ペプチドやイソフラボン。サポニンなど)は、デトックスやアンチエイジングに役立つ働きもあります。

Jarrow Formulas Iso-Rich Soy

大豆由来のオーガニックソイプロテインになります。大豆の抗酸化力(イソフラボン)などの機能を持つ植物性のタンパク質です。

JRW-21017 Jarrow Formulas, Iso-Rich Soy, Powder(ジャローフォーミュラ イソリッチ ソイ)

Now Foods Soy Protein Isolate

大豆由来のオーガニックソイプロテインになります。大豆の抗酸化力(イソフラボン)などの機能を持つ植物性のタンパク質です。

a140118003.jpgNow Foods, Non-GMO Soy Protein Isolate(ナウ ソイプロテイン アイソレート)

Optimum Nutrition 100% Soy Protein

ソイプロテイン(大豆プロテイン)になります。人工香味料なども少し使用されていますが、ローコストで比較的高品質になります。

OPN-02778Optimum Nutrition, 100% Soy Protein(オプティマム ニュートリション ソイプロテイン)

Sundesa SportMixer Blender Bottle Green/White

ブレンダーボトルにブレンダーボールが付属します。28オンス(800ml)になります。ボトル表面に、ml(ミリリットル)とoz(オンス)の目盛りでわかりやすい表示です。

SDS-00066

Sundesa, SportMixer Blender Bottle(サンデサ スポーツミキサー ブレンダーボトル

iHerb(アイハーブ)のおすすめ

iHerb(アイハーブ)になりますが、オーガニックコスメやサプリメント。オーガニックフードやスーパーフードなど、リーズナブルで幅広いアイテムがあります。

iHerb.com

iHerb.com アイハーブでの初回購入(クーポンコード:MKV711)は、5ドル割引になります。購入金額に10%のロイヤルティクレジット(ポイントバック)が受け取れます。また、40ドル以上の購入で送料が無料になります。

身体に負担の無いもの

身体に負担の無いものを考える場合は、身体に良くない影響のあるものが含まれていなければ、動物性のプロテインもオーガニックになります。

ですので、植物性のプロテインを飲んでみた場合に、自分の身体に合わないと感じる場合は、動物性のプロテインを選択するのも良いと思います。

植物性の機能とより身体に近い素材

また、動物性のプロテインが身体に合わない場合には、動物性のプロテインを飲むことが出来ませんので、その長所を身体に取り入れることが出来ません。

ですが、オーガニックプロテインやロープロテインを飲むことにより、植物性の機能を身体に取り込むことが出来ます。

植物性プロテインのオーガニックプロテイン(ロープロテイン)

植物性のプロテインは動物性のプロテインと比べると、複合的な栄養価がとても高く、植物性の機能である抗酸化作用などのデトックスに強い力を持ちます。

オーガニックプロテイン(ロープロテイン)の素材

添加物の含まれるものは基本的に素材の力を損なうことになりますが、オーガニックプロテインとロープロテインは、添加物を含まない100%ナチュラルになりますので素材の良さがそのまま身体に表れます。

身体の機能を回復するオーガニックプロテイン(ロープロテイン)

普段の食事からには添加物を含む食べ物が少なからずありますが、オーガニックプロテインなどの植物性の機能を持つ食べ物や飲み物などを、継続することで自然に身体の機能の回復を助けます。

オーガニックプロテイン(ロープロテイン)の身体への恒常的な影響

植物性のオーガニックプロテインやロープロテインには、身体にとって良い要素として、太る心配も無く逆に痩せる要素があります。

また、豊富な食物繊維が含まれますので、腸内環境を整える働きもありますし、腸内環境の回復と同時に身体や肌あれの状態なども良くなります。

植物性プロテインと動物性プロテイン

オーガニックプロテインとロープロテインは植物性の機能を持ちますが、動物性のプロテインの持つ機能を持っていませんので、より身体を早く強くする場合には、動物性のプロテインも合わせて飲むのが効率的になります。

筋トレなどのトレーニング

動物性のホエイプロテインやカゼインプロテイン。オーガニックプロテインやロープロテインなどの植物性プロテインを合わせて飲む場合は、朝の目覚めに飲むプロテインに植物性のプロテイン。運動前後や寝る前に飲むプロテインには動物性のプロテインを飲みます。

オーガニックプロテインとロープロテインの選択

植物性のタンパク質や動物性のタンパク質を身体へ取り入れることは、身体の基本でもありますので、オーガニックスーパーフードなどを考える場合も、オーガニックプロテインやロープロテインを選択するのが良い場合もあります。

また、オーガニックスーパーフードと比べオーガニックプロテインやロープロテインは、比較的身体に与えるネガティブな影響がありません。

身体の恒常性と回復

オーガニックプロテインやロープロテインは、身体にネガティブな影響を与える添加物などを含みません。

植物性の機能は自然に身体の機能を整える側面があり、身体の恒常性や回復にも役立ちます。

筋肉とプロテイン

プロテインは毎日のように飲みますのでタンパク質の量は十分なように思いますが、1日全体のタンパク質の量が不足しないように注意が必要になります。

また、プロテインと合わせて食事の量も増やすことで、身体の回復とリズムが良くなります。

筋肉の成長と完全休息

筋肉の成長に必要なのは休息の状態(回復)ですので、完全に身体を回復することが、筋肉の成長と身体の全体性の向上に繋がります。

また、寝る前にタンパク質が不足しますと身体が休息の状態になりませんので、身体を回復するのに必要な量のプロテインを飲みます。

アミノ酸と水分

身体の恒常性や全体性のパフォーマンスを底上げするには、アミノ酸が常に身体にあるような状態を維持するのがポイントになります。

また、アミノ酸と同じように適切な量(1日2リットル以上)の水分を身体に保持しておくことも合わせて必要になります。

プロテインと筋トレ

筋トレなどのトレーニングを長期間実行する場合には、アミノ酸サプリメントなどのサポートサプリメントが役立ちます。

また、ミネラルなども不足しがちになりますので、食事内容の不足が無いように注意が必要になります。

プロテインと副作用

プロテインは肉類などと同じ良質なタンパク質ですので、食べ物に副作用はありません。また、タンパク質が原因で肝臓の機能は低下しません。

プロテインとダイエット(減量)

ダイエットや減量には植物性のソイプロテイン(大豆プロテイン)が基本になると思いますが、筋トレなどのトレーニングを実行する場合には、動物性のホエイプロテインやカゼインプロテインを飲む場合もあります。

有酸素運動と食事

脂肪燃焼効果の底上げには、筋トレなどのトレーニングの後に5分~15分ほどの軽い有酸素運動を追加することでより効率が良くなります。

また、ダイエットや減量には食事のコントロールを優先的に考えると良いと思います。

女性にも痩せるプロテイン

基本的には、女性に役立つ成分の多いソイプロテイン(大豆プロテイン)がおすすめになりますが、ジョギングなどの有酸素運動など、毎日の生活に運動を取り入れている場合は、動物性のプロテインが良い場合もあります。

身体の状態が運動に適応していると思いますので、植物性のプロテインより動物性のプロテインが必要になり、結果的には身体は痩せやすくなりますので脂肪が増えるなど太ることはありません。

プロテインの効果的な飲み方と飲むタイミング

ホエイプロテインやカゼインプロテインなどの動物性のプロテインの場合は、運動の前後や就寝前にプロテインを飲むことが基本になります。

植物性のプロテイン

ソイプロテイン(大豆プロテイン)などの植物性のプロテインは、植物性のタンパク質ですので、動物性のタンパク質と違い身体にゆっくりと吸収される特徴があります。

また、植物性の機能は、就寝時より日常の活動中により強く働きますので、基本的には起床後の朝にプロテインを飲むとより効果的になります。

プロテインの種類と選び方

基本的なプロテインには、動物性のプロテインであるホエイプロテイン・カゼインプロテインが2種類。

植物性のプロテインには、ソイプロテイン(大豆プロテイン)・ピープロテイン(エンドウ豆プロテイン)・ブラウンライスプロテイン(発芽玄米プロテイン)で3種類あります。

プロテインと活動

動物性のプロテインでは、活動するシーンに合わせホエイプロテインやカゼインプロテインを選択します。

植物性のプロテインでは、アレルギーなどの心配が無い場合には、ソイプロテイン(大豆プロテイン)を基本にすると良いと思います。

プロテインを飲む量(摂取量)

プロテインの標準的な1日の摂取量は、男性の場合は体重×2グラム。男性の場合は体重×1グラムになります。

体重が60キロの場合は、体重60キロ×プロテイン2グラムになりますので、プロテインは120グラム必要になります。

大切なことは1日に飲むプロテインの全体の量ですので、運動後の次は就寝前など、1日に必要なタンパク質の量が不足しないように注意が必要になります。

また、プロテインを飲む量ですが、ジョギングなどの有酸素運動や筋トレなどのトレーニングで筋肉痛のある場合などは、飲む量を少し増やすと良いです。

美味しい味のプロテイン

人気のあるプロテインの組み合わせには、動物性のホエイプロテインやカゼインプロテインには、同じ動物性の牛乳や飲むヨーグルトに混ぜると美味しいプロテインになると思います。

また、植物性のソイプロテイン(大豆プロテイン)などには、同じ植物性の野菜ジュースやフルーツジュースをプロテインにすると飲みやすくなります。

コメントを残す