スープとダイエットを考える。体重減少と焼き肉

ダイエットの実験のひとつになりますが、2週間ほどスープごはんで過ごしたことがあります。1日に4食ですがスープごはんのみになります。

スープとダイエットを考える

わたしの場合ですが、食事の量を減らすのみですと、2週間ほどで身体は適応しますので体重は減らなくなります。

身体は状態の変化に敏感ですので、環境要因(食事の質や量など)に2週間ほどで適応すると思います。

停滞を防ぐ

そこで、ダイエットが停滞しないように。体調に変化が無い(体調を崩さない)ように工夫したスープごはんを食べることにしました。

スープごはん(スープじゃがいも)のレシピ

基本的な材料は以下のようになりますが、後はその日の雰囲気でレタスやブロッコリー。トマトなどもスープに追加します。

スープの材料

  • 豚肉小間切れ
  • にら
  • にんにく
  • じゃがいも
  • コンソメスープの素

豚肉とじゃがいも

スープのポイントになりますが、豚肉は豊富に食べる。にらとにんにくは適量ですが、ダイエットですのでご飯をじゃがいも(1回の食事で1/4)に変更します。

また、スープを食べる量はとくに気にせずに、1日に4回食べることにします。

じゃがいもの栄養

スープにじゃがいもが入るのは、実験のためスープごはんしか食べないようにしましたので、体調を崩さないように糖質を追加します。

また、じゃがいもは完全食に近い素材で、じゃがいもの豊富な栄養素が他の素材(ご飯やパンなど)よりも身体に良いという理由です。

じゃがいものGI値は高いですが、食べても太りにくい素材になりますのでダイエットにもおすすめです。

体重減少と焼き肉

結果の検証になりますが、1週間目で2.4キロ。2週間で4.3キロほど体重を減らすことが出来ました。

2週間目の後半から体重の減り方がスローになりましたが、とくに停滞することもなく実験を終了しました。

最初に予想した計算よりも大きく体重が減りましたので、実験としては成功しましたが、これ以上痩せては少し困りますので、次の日はダイエットの休息日に変更し焼き肉を食べに行きました。

実験終了後の体験

焼き肉を食べたその次の日の話になりますが、焼き肉をお腹いっぱい食べぐっすりと眠りました。

次の日の朝になりますが、体重が1キロほど増えていると思い体重を計測したところ、また体重が0.4キロも減り驚きました。

身体の恒常性についてなどは普段から勉強していますが、なぜ焼き肉をお腹いっぱい食べた次の日に体重が減るのは不思議です。

2週間のスープごはん生活で体質に変化があったのか。素朴な疑問がありますが、機会があればまた検証してみることにしたいと思います。

中鎖脂肪酸と食事

ココナッツオイルなどの中鎖脂肪酸には、身体の回復や脳にも良い影響があります。適量を身体に取り入れることで脂肪燃焼効果もあります。

Jarrow Formulas Organic Extra Virgin Coconut Oil

中鎖脂肪酸を豊富に含む美味しいココナッツオイルになります。脂肪燃焼効果も高く腸内環境も整うことで、ダイエットやデトックスなどにも効果的になります。品質の良いオーガニックオイルです。

JRW-16033

Jarrow Formulas, Organic, Extra Virgin Coconut Oil(ジャローフォーミュラ オーガニック エキストラバージンココナッツオイル)

iHerb(アイハーブ)のおすすめ

iHerb(アイハーブ)になりますが、オーガニックコスメやサプリメント。オーガニックフードやスーパーフードなど、リーズナブルで幅広いアイテムがあります。

iHerb.com

iHerb.com アイハーブでの初回購入(クーポンコード:MKV711)は、5ドル割引になります。購入金額に10%のロイヤルティクレジット(ポイントバック)が受け取れます。また、40ドル以上の購入で送料が無料になります。

コメントを残す