頭痛や疲労の原因。ファスティング(プチ断食)

身体に何も不調が無い状態というのは、普段では気づきにくいものですね。ストレスや不規則な生活などで、自律神経が乱れますので、痩せにくい身体にどんどん近づいていきます。ファスティングで身体と心もリセットすると、合わせて健康になりますね。

頭痛の原因?身体の中にある老廃物や毒素を外へ。

片頭痛や慢性疲労は、身体の中にある老廃物や毒素に関係があります。とくに、腸内環境の悪化に関係があるそうです。その他に身体が不調になる要因として、疲労やストレス、運動不足などがあり、これも頭痛や慢性疲労の原因となります。

頭痛や疲労の基本的な対処としては、まず食事から、水道水酸化した油を排除することだそうです。次に、栄養不足水分不足が関係ありますので、食事内容の見直しと、1日に2リットル以上の水分を補給すると改善に向かいます。

エレベーターの前では出る人が先です。次に入る人です。身体の恒常性にも順序があり、デトックスで身体の中にある老廃物や毒素を身体の外へ排出し、次に栄養を身体に取り入れます。その結果として、身体の機能を回復(恒常性を取り戻す)させながら、健康に近付くそうです。

ファスティング(プチ断食)での好転反応

ファスティングを実行すると、潜在している身体の症状が、表面に出てくる(好転反応)ことがあります。好転反応は、身体や脳に溜まっていた老廃物や毒素が、血液中に流れだす状態だそうです

好転反応が軽い症状であれば、ファスティングをそのまま続けますが、まれに身動き出来ないような状態になる場合がありますので、その場合は、ファスティングを中止するようにします。

なぜ老廃物や毒素が身体に溜まるのかというと、原因は普段の食事内容水分の不足にあるそうです。

わたしの場合は、ファスティング中に軽いストレッチをしてみましたが、軽く倦怠感や疲労感が出てきました。何もしないでいると気付きにくいですが、身体を動かすことにより、その不調(好転反応)に気が付きました。

整体院や流行りのもみほぐしマッサージ。エステなどへ行った帰りなどに、一時的に倦怠感や疲労感が出てくるのは一種の好転反応ですね。

デトックスで頭痛対策

ファスティング中に頭痛など、身体に不調を感じる場合は、ヨーグルトや野菜ジュースの量を増やすことで回復に向かうそうです。

また、ファスティングで腸内環境を整えることで、身体の中にある老廃物や毒素を外へ排出すると、身体の機能がリセットされますので、頭痛や普段の症状を回復させます。

ファスティングを、定期的に(3ヶ月に1回・リセット期間)実行すると、身体のリズムが回復するのがわかります。

この本は、しばらくの期間を食べないことで、健康を取り戻すという内容でした。世の中の常識を否定するような内容もありますが、とても参考になる部分もありました。

ファスティング(デトックス)とダイエットを考える。

身体の中にある老廃物や毒素は、基礎代謝の低下や肥満の要因にもなり、脳や美肌にも悪い影響があるそうです。

老廃物や毒素が身体の外に出ていくと、身体の不調も改善しますので、身体も軽くなり、体温も少し上がります。

デトックスで、基礎代謝も向上し、食事の量もリセットされるそうなので、本格的なダイエットを実行する前には、ファスティングが必要かもしれませんね。

コメントを残す