プロテインダイエットのおすすめ。効果的な飲み方や飲むタイミング

プロテインダイエットは平日には1食を置き換える。週末は2食を置き換えるなど、プロテインシェイクなどの置き換え食に、毎日の食事を置き換える簡単ダイエットになります。

プロテインダイエットのおすすめ

朝はお腹が減るものですが、起きてすぐにお腹が減るのは健康の証だそうです。出来れば、毎日を美味しい食事でダイエットしたいものですが、置き換え食を利用すると、美味しい食事も出来ますね。

毎日のおやつやデザート。またデザートやおやつ。デザートやおやつを置き換え食に出来ると、きっと楽しいですね。

置き換え食

毎日の食事を3食から2食にすることで、カロリーをセーブしながら、ダイエット出来るので、継続が簡単です。

食事をカットするものでは無いので、摂取カロリーをセーブしながら、必要な栄養をしっかりと補給出来ますね。

ローカロリーで美味しいプロテインダイエット。

プロテインダイエットは、低価格でローカロリーですのでダイエットに大活躍します。また、ローカロリーですので、空腹感で困る場合は、もう1食してもオーバーカロリーになりませんよ。

プロテインダイエットを比較すると5種類。

置き換えダイエットは、いろいろな種類が販売されていますが、大きく分類すると5種類になります。いろいろと種類がありすぎて迷いますが、はじめは手軽なプロテインシェイクが良いそうです。

置き換え食5種類のリスト

ずっと同じものを食べ続けるのが苦手な場合は、いろいろな種類を組み合わせて試してみるのが良いそうです。デザートタイプのビスケットなどは、おやつ感覚ですので好きな人は持ち歩き出来ますね。

  • シェイクタイプ
  • スープタイプ
  • デザートタイプ
  • フードタイプ
  • スムージータイプ

プロテインダイエット(シェイクタイプ)

プロテインダイエットの基本と言えば、ダイエットシェイク(プロテインシェイク)になります。そのダイエットシェイクですが、心配な空腹感もありませんし、満腹感も持続します。ダイエットの基本におすすめします。

明治 スマートボディ プロテインダイエット

11種類のビタミン。鉄・カルシウムなどのミネラルが含まれています。また、脂肪燃焼に有効なL-カルニチンや便秘の対策に必要な食物繊維もアソートされています。1食で180カロリーとローカロリーです。

明治 スマートボディ プロテインダイエット ミックスパック 30袋

アサヒ スリムアップスリムシェイク

46種類の栄養素に、コラーゲンや乳酸菌。食物繊維などがアソートされたダイエットシェイクになります。1食で160カロリーとローカロリーで、選択に困る場合は、スリムアップが良いと思います。

ドクターシーラボ 美禅食

野菜・穀類・果物(玄米・ハト麦・黒胡麻・黒大豆・ケールなど)を合わせた自然食材を30種類以上配合し、ビタミンCやコラーゲンなどの栄養素もアソートされています。1食で54.8カロリーになります。

置き換え食(スープタイプ)

飲むと身体も温まりますし、とても美味しいです。栄養も豊富で、真面目にダイエットしたい人向けになります。熱いお湯を準備するのが難点ですが、ダイエットシェイクと比べますと身体も温まりますので、空腹感の強い人向けになると思います。

アサヒ スリムアップスリム スープクラッカー

野菜ベースのスープと五穀入りクラッカーで構成されたダイエットスープです。また、20種類の栄養素に、コラーゲン・ヒアルロン酸・CoQ10もアソートされています。1食で228カロリーになります。

アサヒ スリムアップスリム プレシャスコーンスープ

マルチビタミンミネラルなど45種類の栄養素に、コラーゲン・ヒアルロン酸・CoQ10・食物繊維もアソートされています。1食170カロリーになります。

アサヒ スリムアップスリム 野菜ポタージュスープ

マルチビタミンミネラルなど45種類の栄養素に、コラーゲン・ヒアルロン酸・CoQ10・食物繊維もアソートされています。1食170カロリーになります。

置き換え食(デザートタイプ)

外出先などに持ち歩くことが出来ますので、ストレスでお腹が減りそうになり、我慢が出来ない場合などにおすすめです。ダイエット準備中の人や、間食したいけど、それでも太りたくない人などに好評だそうです。

明治 スマートボディ プロテインダイエット クリーミーゼリー

アサヒ スリムアップスリム ダイエットケア果実ゼリー

明治 スマートボディ ダイエットビスケット

置き換え食(フードタイプ)

置き換えダイエットのもうひとつの主役です。もともとは、毎日の食事を置き換える目的で販売されていますので、置き換えダイエットにピッタリだと思います。急いでダイエットする必要のない場合や、長期間ダイエットを続ける場合などにおすすめです。

アサヒ リセットボディ 発芽玄米入りダイエットケア雑炊

アサヒ リセットボディ スープパスタ

アサヒ リセットボディ 豆乳きのこチーズ&鶏トマトスープリゾット

明治 スマートボディ プロテインダイエット 大豆シリアル

置き換え食(スムージータイプ)

粉末のスムージーなので手軽です。栄養も豊富で、シェイクが苦手な場合はこちらが選択肢になると思います。満腹感もありおすすめです。便秘の対策にもなるそうです。

アサヒ スリムアップスリム 食べるスムージー

アサヒ スリムアップスリム 厳選野菜の贅沢スムージー

明治 スマートボディ アサイースムージー

アサヒ スリムアップスリム 55種類のベジフルチャージ発酵液

効果的な飲み方や飲むタイミング

置き換えをどのタイミングにしようか迷いますが、置き換えの基本は朝食になるそうです。まず朝食を置き換え食に変更する。昼食はしっかりと食べて、夕食は軽くセーブする。ダイエットの基本でもありますね。

基本はローカロリー。

食事を減らすと栄養が不足しますので、身体に必要な栄養も足りなくなりますが、プロテインダイエットで食事を置き換えると、手軽で便利です。

手軽で便利な置き換え食ですが、基本的にローカロリーなので、食べ過ぎてもあまり太る心配が無いのが嬉しいですね。

プロテインダイエットの効果。

食事を減らし、摂取カロリーをセーブすると、身体に必要な栄養も足りなくなりますが、置き換えダイエットで食事を置き換えますと、1回の食事に必要な栄養をしっかりと補給出来るそうです。

痩せない要因

また、食事をカットしてしまうと、痩せない要因になりますので、食事は3食をきちんと維持し食事を減らすと、脂肪燃焼する栄養が不足しますので、痩せないばかりか逆に太りやすくなります。

プロテインダイエットの方法や飲み方

よくある話ですが、早く痩せようと計画すると、1日の水分補給をすべてダイエットシェイクに変えてしまう?という冒険を考える人がいるそうです。

1日に必要な水分を、ダイエットシェイクなどに変えてしまうと、その結果として、シェイクに含まれるミネラル・ビタミンなどが過剰になり、身体に強く影響しますので、逆に水分が不足する悪循環に陥ります。

置き換えのタイミング

朝の食事ですが、朝はなにかと忙しいですし、置き換え食にピッタリです。

昼の食事は自由にたくさん食べるチャンスになります。ストレス防止にもなりますし、ダイエットのモチベーションもアップします。

夜の食事ですが、就寝中の脂肪燃焼の関係で、栄養が必要ですので、夜は軽く食べる。または、置き換え食に変更します。

プロテインダイエットとアンダーカロリー

ダイエットの敵はオーバーカロリーですが、摂取カロリーを減らし、アンダーカロリーを維持するのに置き換え食はとても役に立ちますね。

1/3の摂取カロリー

毎日の1食を置き換えしたとすると、1日の摂取カロリーが2/3になりますので、1/3摂取カロリーをセーブ出来るのが魅力的です。また、1日の水分補給を、怠らなければ、多少のカロリーオーバーも大丈夫だそうです。

おやつなどの間食は、置き換え食のデザートに。

おやつやデザートは、カロリーも高いですし、成分(砂糖類や食品添加物)がダイエットの妨げにもなります。砂糖類などは太る要因でもありますし、食品添加物は、冷えや基礎代謝の低下のもとになります。

ストレス対策

普段の状態とは違い、プロテインダイエット中は、身体が栄養を吸収しやすい状態になっていますので、注意が必要です。油断してデザートを食べたりすると、まず体重は減りません。

ストレスによる間食を防ぐには、デザートやおやつを置き換え食に変更すると、危機を乗り越える事が出来ます。1日の置き換え食が、また1食増えますがあまり気にしないようにしたいですね。

置き換え食を準備。

お腹が減って我慢が出来ないときは、間食を我慢しながらずに、準備してある置き換え食を食べることにします。

1日の食事が合計2食になったはずなのに、間食(おやつやデザート)を食べてしまうと、2食のはずが、いつの間にか4食や5食になってしまいます。

いつの間にか、置き換えダイエット以前よりも、摂取カロリーが増えているということになり、その結果として、体重が増えないのはまだ良いほうで、逆に太っていくのがリバウンドの要因です。

プロテインダイエットと運動。水分補給

プロテインダイエット中に必要とされる水分補給は、1日で最低でも2~3リットルです。脂肪燃焼や体質転換。筋肉を増やすにも水分補給は必要で、栄養補給と同じですね。

プロテインダイエットと水分補給。

1日に必要な水分(ミネラルウォーター)は、ダイエットシェイクに混ぜる水(またはフルーツジュースなど)とは別に計算します。

痩せるはずが、逆に身体が変調(不調)し、ダイエットが進まない要因になりますので、置き換え食は適量を守ります。

食事制限すると、痩せないばかりか逆に太りやすくなります。脂肪燃焼する栄養が不足するので、ダイエットがストップするそうです。

それと同じで、水分を制限すると、やはり脂肪燃焼がストップします。ダイエットは、置き換えダイエット + 水分補給が正解ですね。

プロテインダイエットのリバウンド

プロテインダイエットの終了後に、普段の食事に戻すと、たちまち太ってしまう人がいるそうです。 そのリバウンドの原因は、基本的には食事内容と体調(体質)の変化だそうです。

プロテインダイエット終了後は、目標の体重をしばらく維持すること。

プロテインダイエットの終了後より、太りにくい体質への転換に、3ヶ月から6ヶ月ほどかかるそうですので、目標の体重に到達しても、安定期間中は食事内容を変更せずに頑張ることだそうです。

リバウンドの原因。

リバウンドの原因は、糖質の食べ過ぎと、不安定な体質ですので、体重が落ち着いてもしばらく我慢が必要です。

置き換え食の味見と感想いろいろ。

わたしの場合は、お腹の減り具合を確認(空腹感の持続)するのに、ダイエットシェイクにはじまりドリンクタイプまで、味見ついでにすべてを試してみました。

ダイエットシェイク

満腹感は、あまりどのタイプも変わらないと思いますので、結局のところ、手軽さの勝利で基本のダイエットシェイクに落ち着きました。

デザートタイプには、ゼリーやビスケット以外にも、せんべいやチョコタイプなどがありますが、普通のお菓子感覚で、ビスケットなどを食べる量が増える予感がしましたので、わたしには向いていませんでした。

プロテインダイエットは、それほど空腹感を感じませんでしたし、満腹感もそこそこ持続しました。それに美味しいですから継続も以外に楽ですね。

コメントを残す