プロテインシェイカーのおすすめ。Blender Bottle(ブレンダーボトル)SmartShake(スマートシェイク)

美味しいプロテインにはプロテインシェイカーが必要だと思いますが、フルーツジュースにミネラルウォーター。牛乳と飲むヨーグルト。準備があると美味しい味のフルーツプロテインミックスになります。

プロテインシェイカーのおすすめ

動物のプロテインと言えば肉になると思いますが、筋肉を大きくするのに肉を食べる。というのは、なぜか心が痛みますね。

ですので、筋肉にはプロテインを飲むことを優先することにします。また、美味しいプロテインミックスには、プロテインシェイカーをどうぞ。

美味しいプロテイン

わたしの場合ですが、美味しいプロテインのレシピは、合わせる飲み物に、フルーツジュースと飲むヨーグルトを少し。たまにですが、コーヒー牛乳

その日の気分ですが、毎日のようにプロテインを飲みますので、美味しいプロテインを飲みたいですね。

気になるプロテインシェイカー

プロテインのブランドと一緒に、各ブランドのプロテインシェイカーを揃えるのも良いと思います。

シェイカーのプロテイン漏れ。持ち運びにも便利

いろいろなプロテインシェイカーの中でも、ザバスのプロテインシェイカーはリーズナブルでスマートです。キャップのななめ掛かり防止が便利でプロテイン漏れなどのプロテイン事故を防ぐことが出来ます。

SAVAS(ザバス)プロテインシェイカー

人気のあるザバスのプロテインシェイカーです。キャップのななめ掛かり防止が便利で液もれしません。持ちやすい形なので女性でも大丈夫です。

ザバス プロテインシェイカー (500ml)

ザバス プロテインシェイカーについての記事。シェイカーのプロテイン漏れ。持ち運びにも便利

手の小さい方でも握りやすくシェイクしやすい形状。混ざりやすいように容量を大きくして、500mlに溶かすプロテインが一度に作れます。液モレがしにくい形状に変更。キャップの変更をし、斜め掛かりしにくくなりました。

Weider(ウイダー)プロテインシェイカー

目盛りは400mlになります。飲み口も付いて飲みやすくなっています。

森永製薬 ウイダー プロテインシェイカーウイダー プロテインシェイカー

プロテインシェイク用シェーカー。ローレット部分を深くする事でフタが斜めに入りづらくなり、液漏れしにくくなっています。飲み口を付ける事で飲用しやすくなっております。量を測りやすくするために目盛に線と単位を入れて見やすくしています。

Kentai(健康体力研究所)ケンタイシェーカー

目盛りは400mlになります。シンプルなプロテインシェイカーになります。
Kentai ケンタイシェーカー500mlケンタイ ケンタイシェーカー

「Kentai(ケンタイ) シェ-カー 400cc」は、プロテインをご利用になるときに便利なシェーカーです。スクリューキャップを採用しているので、蓋がしっかりと閉まり、中身がこぼれることもありません。量りやすいメモリ付き(400cc)。

DNS(ディーエヌエス) ハンディシェイカー

目盛りは400mlになります。キャップに取っ手が付くユニークなプロテインシェイカーになります。
DNS HANDY SHAKER (ハンディーシェイカー)ディーエヌエス ハンディシェイカー

DNSのハンディシェイカーは、プロズシェイカーIIよりも小ぶりな設計で、価格もリーズナブル。それでも容量は満水で600mlとプロテインを飲むには充分な容量だろう。また、フタに取っ手が付いでるので、フタをスムーズに開けることが出来る。

Blender Bottle(ブレンダーボトル)

ブレンダーボトルを利用すると、軽くシェイクするだけでプロテインが最後まできれいに溶けます。また、液漏れを防ぐ設計で安心出来ます。

プロテインがきれいに溶けますので、もう一度ミネラルウォーターを注ぐ必要がありません。

現在アメリカで大ヒット中の今までにないシェイカーボトル(特許商品)です。パウダーがうまく溶けずに「ダマ」になることはもうありません。軽くシェイクするだけで、ステレンス製のボールがボトル内を隈なく動き、まるで泡だて 器のように均一に混ぜてくれます。

BlenderBall(ブレンダーボール)

ブレンダーボールは、渦巻き状のステンレス製ワイヤーボールになります。

プロテインを飲むときに、ブレンダーボトルの飲み口がありますので、口や鼻にぶつかることはありません。

使い方は簡単。ボトルに混ぜる物を全部入れてから「ブレンダーボール」を入れ、フタをしっかり締めてからシェイクするだけ。「ブレンダーボール」がボトル内で自由自在に動いて、泡だて器の役目をします。「ブレンダーボール」は、飲み終わるまで、使い切るまで、カップの中に残るように設計されています。

Blender Bottle SportsMixer(ブレンダーボトル・スポーツミキサー)

おすすめのスポーツミキサーシリーズでは、ブラック・ブルー・グリーン・レッドの4色があります。

ボトル表面に、ml(ミリリットル)とoz(オンス)の目盛りでわかりやすい表示です。

Blender Bottle SportsMixer(ブレンダーボトル・スポーツミキサー)20オンス(600ml)Green

ブレンダーボトルにブレンダーボールが付属します。20オンス(600ml)サイズになります。色鮮やかなグリーンも良いですね。Blender Bottle SportsMixer(ブレンダーボトル・スポーツミキサー)20オンス(600ml)Green

Blender Bottle SportsMixer(ブレンダーボトル・スポーツミキサー)28オンス(800ml)Black

ブレンダーボトルにブレンダーボールが付属します。28オンス(800ml)のなりますので、パワードリンクなどは、大容量タイプのこちらが良いと思います。
Blender Bottle(ブレンダーボトル) 【日本正規品】Blender Bottle SportsMixer 28オンス(800ml) BBSM28 BKBK

ブレンダーボトル・スポーツミキサータイプは、ラバーグリップ付きで、手に優しくフィットするデザインです。電気もガスも使用せずに、片手でシェイクするだけで、中身がよく混ざり合い、なめらかなテイストに仕上げることが可能。

Blender Bottle ProStak(ブレンダーボトル・プロスタック)

プロスタックシリーズは、ブレンダーボトルにプロテインとアミノ酸サプリメントなどを収納出来ますので別々に持たずに済みます。フィットネスクラブやジムなどに持っていくのにも便利です。

Blender Bottle ProStak(ブレンダーボトル・プロスタック)22オンス(650ml)Black

ブレンダーボトルの下にプロテインが入るジャーがあり、その内側にサプリメントなどが収納出来るようになっています。ブレンダーボールも付属し、22オンス(650ml)になります。
Blender Bottle ProStak(ブレンダーボトル・プロスタック)22オンス(650ml)Black

BlenderBottle ProStakはボトル本体に2種のジャーとピルトレイが付属されております。液体・粉末・サプリメント等を一度に運べるトップアスリートのためのオールインワンボトルです。ブレンダーボトルはなめらかに混ぜることが出来る機能・スタイルを持ったボトルとしてだけでなく、安全で完全にリサイクル可能な材料から作られています。

Blender Bottle Classic(ブレンダーボトル・クラシック)

ブレンダーボトルのクラシックシリーズになります。ボトル表面に、ml(ミリリットル)とoz(オンス)の目盛りでわかりやすい表示です。また、液漏れを防ぐ設計で安心出来ます。

Blender Bottle Classic(ブレンダーボトル・クラシック)20オンス(600ml)Classic Clear Black

ブレンダーボトルにブレンダーボールが付属します。20オンス(600ml)になります。ボトル表面に、ml(ミリリットル)とoz(オンス)の目盛りでわかりやすい表示です。Blender Bottle Classic(ブレンダーボトル・クラシック)20オンス(600ml)Classic Clear Black

Blender Bottle Classic(ブレンダーボトル・クラシック)28オンス(800ml)Classic Clear Blue

ブレンダーボトルにブレンダーボールが付属します。28オンス(800ml)になります。ボトル表面に、ml(ミリリットル)とoz(オンス)の目盛りでわかりやすい表示です。Blender Bottle Classic(ブレンダーボトル・クラシック)28オンス(800ml)Classic Clear Blue

ブレンダーボトル・クラシックタイプは、ベーシックなシェイカーボトル。電気もガスも使用せずに、片手でシェイクするだけで、中身がよく混ざり合い、なめらかなテイストに仕上げることができます。キャップに可動式のループが付いており、指にかけて持ち運びすることが可能。また、BlenderBottleの刻印がポイントです。

SmartShake(スマートシェイク)プロテインシェイカー

フィットネスクラブやジムなどへ、持ち運びに便利なように、プロテインやサプリメントを収納できるようになっていますので、別々に持たずに済みます。また、プロテインも良く溶けます。

SmartShake(スマートシェイク)プロテインシェイカー  Black(600ml)

スマートシェイクは3層の構造になります。持ち運びに便利なカラビナが付いています。サプリメントを収納出来るケースと、プロテインなどが収納出来るコンテナがあります。
SmartShake(スマートシェイク) プロテインシェイカー SmartShake Black kss0007

SmartShake Slim(スマートシェイク スリム)プロテインシェイカー Pink(500ml)

スマートシェイクスリムは2層の構造になります。持ち運びに便利なカラビナが付いています。プロテインなどを収納出来るコンテナがあります。
SmartShake Slim(スマートシェイク スリム)PINK(500ml)

世界中のプロテインシェイカーの概念を変えた「SmartShake(スマートシェイク)」は世界60ヶ国以上で発売され数多くの多くのプロアスリート、フィットネス、スポーツ関係者はもちろん、美容と健康に気を使うハリウッドセレブも愛用中。そのスタイリッシュなカラーとデザインはプロテインをこっそり飲むことから人前で飲むことにカルチャーを変えたほど。個別に運ぶ手間を省いた3層構造で複数回分のプロテイン、サプリメント、通常の飲み物を同時携帯可能。

PROMIXX(プロミックス)電動プロテインシェーカー

アメリカの電動シェーカー部門で人気のプロテインシェイカーになります。ワンボタンでプロテインシェイクが出来上がります。

PROMIXX(プロミックス)電動プロテインシェーカー Black(600ml)

サイクロン機能できれいにプロテインが溶けますので疲労しません。新しい雰囲気ですので試すのも良いと思います。
PROMIXX(プロミックス)電動プロテインシェーカー Black(600ml)

【PROMIXX】の選ばれる理由はこの5つなんです!①簡単にシェイクできる②ダマにならない③雑菌の繁殖を抑える素材で衛生的④シェーカーが臭くなりづらい⑤水が竜巻のように回転し、楽しい!

プロテインシェイカーの使い方

プロテインシェイカーの使い方のコツとしては、まずミネラルウォーターなどの液体を、プロテインシェイカーに入れます。

その次に、必要な量のプロテインをプロテインシェイカーに入れます。

シェイク前の注意

最後に、プロテインシェイカーでよくシェイクします。あとは飲むだけですが、冷えていると美味しいプロテインになります。

また、先にプロテインを入れてしまうと、プロテインが溶けなくなりますので注意が必要です。

プロテインシェイカーは、毎日の水洗い

普段のお手入れですが、わたしの場合は水洗いが基本です。すすぎが足りず、中性洗剤が残るのを防止するためです。

うっかりですが、プロテインシェイカーをきちんとすすいだつもりでしたが、洗剤が残っていたことがあります。

飲んですぐに吐き出す

気付かずに飲んでしまったので、すぐに吐き出すのと同時に、作ったばかりのプロテイン(飲むヨーグルトとフルーツジュース入り)を、悲しいですが捨てることになりました。

この体験が教訓になり、プロテインを飲んだ後は、プロテインシェイカーの水洗いが、わたしの基本になりました。

プロテインシェイカーは、水洗いをおすすめします。

プロテインシェイカーを乾燥

プロテインシェイカーは、毎日のように利用するものですので、いつも清潔な状態で保管(乾燥)しないと、プロテインの成分ですぐにカビが発生します。

放置するとすぐにカビ

カビなどが発生した場合は、軽い状態で、中性洗剤ですぐに落ちるようであれば、それで良いですが、洗ってもすぐにカビが落ちないような場合は、プロテインシェイカーに、目に見えないような小さなキズがありますので、廃棄することをおすすめします。

筋トレなどのトレーニングに役立つおすすめの本

自宅に1冊はあると役立ちそうな本になります。知識があるとすべてに効率が生まれます。また、フィットネスクラブやジムに行けない場合などにも、自宅で出来るトレーニングで効果的に身体を鍛えることが出来ます。

自重筋トレ100の基本

自重と体幹トレーニングの本です。筋トレの基本から食事についてまで書かれています。

自重筋トレ100の基本

自分の体レベルに合わせた「自重筋トレ」を推奨。運動不足の人でも無理なくはじめて続けられる基本の4メニューをはじめ、体の部位ごとの様々なトレーニングを紹介します。また、筋トレスタート時の自分のレベルに合わせて、まずはカラダの土台を整えるための食事プログラムを3ステップで解説。現状のカラダの調子のチェックから、タイプ別メニュー提案、さらには目指す「目標」別の筋トレ応援レシピも教えます。

2週間で腹凹 即効自重筋トレ

お腹まわりを重点的に鍛えることでお腹まわりを引き締める本です。

2週間で腹凹 即効自重筋トレ

肌の露出が増える時期、とくに気になるのはお腹。たるんだお腹、ぽっこりお腹と体型に関する悩みもさまざまですが、引き締まったカラダを目指し、お腹を凹ませたいと考えている方におすすめの1冊です。

スロトレ完全版

スロートレーニングで効果的に身体を整える本です。筋トレの基礎を考える良書になります。

スロトレ完全版 DVDレッスンつき

【進化したスロトレが、あなたの脂肪をガンガン燃やす!】発刊以後ずっと売れ続け、テレビや雑誌で取り上げられた回数は数え切れないほどの『スロトレ』。そのスロトレが、20万人を超える読者の声を反映して進化しました。さらに実践しやすく脂肪を燃やしやすくなったスロトレで、理想の体を手に入れましょう。

体脂肪が落ちるトレーニング

クイックとスロートレーニングで、効果的に脂肪を燃焼することの出来るトレーニングの本になります。

1日10分〈クイック→スロー〉で自在に肉体改造 体脂肪が落ちるトレーニング (カラダをつくる本シリーズ)

【1日10分で理想の体形にどんどん近づける! 】[クイック→スロー]トレーニングは、ふたつのトレーニングを組み合わせることで、きついトレーニングと同様の効果を軽めの負荷で得られるのがポイント。「クイック」では、すばやい切り返し動作で筋肉に物理的な刺激を与え、「スロー」では、成長ホルモンを大量に分泌させるなどの化学的な刺激を与える。

ストレッチ・メソッド

筋トレなどのトレーニング後に合わせてストレッチを実行すると、筋肉の回復や成長にも影響があり有効だと思います。

5つのコツで もっと伸びる カラダが変わる ストレッチ・メソッド (カラダをつくる本シリーズ)

【5つのコツを駆使して伸ばし理想の体を手に入れよう】多くの方々がご存知のストレッチも、体のしくみを知ってコツを駆使すれば、じつはもっともっと伸ばせます。本書は「5つのコツ」を紹介し、一つひとつの筋肉をきちんと伸ばす手順やポイントわかりやすく掲載しているので、ていねいに全身を伸ばせるようになります。また、体が硬くて悩んでいる方向けの軽めのストレッチも紹介しています。

筋肉とプロテイン

プロテインは毎日のように飲みますのでタンパク質の量は十分なように思いますが、1日全体のタンパク質の量が不足しないように注意が必要になります。

また、プロテインと合わせて食事の量も増やすことで、身体の回復とリズムが良くなります。

筋肉の成長と完全休息

筋肉の成長に必要なのは休息の状態(回復)ですので、完全に身体を回復することが、筋肉の成長と身体の全体性の向上に繋がります。

また、寝る前にタンパク質が不足しますと身体が休息の状態になりませんので、身体を回復するのに必要な量のプロテインを飲みます。

アミノ酸と水分

身体の恒常性や全体性のパフォーマンスを底上げするには、アミノ酸が常に身体にあるような状態を維持するのがポイントになります。

また、アミノ酸と同じように適切な量(1日2リットル以上)の水分を身体に保持しておくことも合わせて必要になります。

プロテインと筋トレ

筋トレなどのトレーニングを長期間実行する場合には、アミノ酸サプリメントなどのサポートサプリメントが役立ちます。

また、ミネラルなども不足しがちになりますので、食事内容の不足が無いように注意が必要になります。

プロテインと副作用

プロテインは肉類などと同じ良質なタンパク質ですので、食べ物に副作用はありません。また、タンパク質が原因で肝臓の機能は低下しません。

プロテインとダイエット(減量)

ダイエットや減量には植物性のソイプロテイン(大豆プロテイン)が基本になると思いますが、筋トレなどのトレーニングを実行する場合には、動物性のホエイプロテインやカゼインプロテインを飲む場合もあります。

有酸素運動と食事

脂肪燃焼効果の底上げには、筋トレなどのトレーニングの後に5分~15分ほどの軽い有酸素運動を追加することでより効率が良くなります。

また、ダイエットや減量には食事のコントロールを優先的に考えると良いと思います。

女性にも痩せるプロテイン

基本的には、女性に役立つ成分の多いソイプロテイン(大豆プロテイン)がおすすめになりますが、ジョギングなどの有酸素運動など、毎日の生活に運動を取り入れている場合は、動物性のプロテインが良い場合もあります。

身体の状態が運動に適応していると思いますので、植物性のプロテインより動物性のプロテインが必要になり、結果的には身体は痩せやすくなりますので脂肪が増えるなど太ることはありません。

プロテインの効果的な飲み方と飲むタイミング

ホエイプロテインやカゼインプロテインなどの動物性のプロテインの場合は、運動の前後や就寝前にプロテインを飲むことが基本になります。

植物性のプロテイン

ソイプロテイン(大豆プロテイン)などの植物性のプロテインは、植物性のタンパク質ですので、動物性のタンパク質と違い身体にゆっくりと吸収される特徴があります。

また、植物性の機能は、就寝時より日常の活動中により強く働きますので、基本的には起床後の朝にプロテインを飲むとより効果的になります。

プロテインの種類と選び方

基本的なプロテインには、動物性のプロテインであるホエイプロテイン・カゼインプロテインが2種類。

植物性のプロテインには、ソイプロテイン(大豆プロテイン)・ピープロテイン(エンドウ豆プロテイン)・ブラウンライスプロテイン(発芽玄米プロテイン)で3種類あります。

プロテインと活動

動物性のプロテインでは、活動するシーンに合わせホエイプロテインやカゼインプロテインを選択します。

植物性のプロテインでは、アレルギーなどの心配が無い場合には、ソイプロテイン(大豆プロテイン)を基本にすると良いと思います。

プロテインを飲む量(摂取量)

プロテインの標準的な1日の摂取量は、男性の場合は体重×2グラム。男性の場合は体重×1グラムになります。

体重が60キロの場合は、体重60キロ×プロテイン2グラムになりますので、プロテインは120グラム必要になります。

大切なことは1日に飲むプロテインの全体の量ですので、運動後の次は就寝前など、1日に必要なタンパク質の量が不足しないように注意が必要になります。

また、プロテインを飲む量ですが、ジョギングなどの有酸素運動や筋トレなどのトレーニングで筋肉痛のある場合などは、飲む量を少し増やすと良いです。

美味しい味のプロテイン

人気のあるプロテインの組み合わせには、動物性のホエイプロテインやカゼインプロテインには、同じ動物性の牛乳や飲むヨーグルトに混ぜると美味しいプロテインになると思います。

また、植物性のソイプロテイン(大豆プロテイン)などには、同じ植物性の野菜ジュースやフルーツジュースをプロテインにすると飲みやすくなります。

コメントを残す